脱毛クリームのこと、ちゃんと知ろう

脱毛クリーム脱毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムという薬剤で毛を溶かすムダ毛処理方法です。除毛剤や除毛クリーム、脱毛剤などいろんな呼び方をされますが、これらは全て同じものです。

女性の細い毛にももちろん有効ですが、男性の髭にも使える強力なものもありますし、敏感肌用などいろいろあります。薬局でも簡単に手に入れることができ、エピラット(epilat)やヴィート(veet)などが有名ですね。

手軽にキレイにムダ毛を処理できて便利ですが、決して良いことばかりではありません。ですので、使用する前にきちんと脱毛クリームのことを知っておきましょう。

脱毛クリームの効果

脱毛クリームは、毛穴の少し下の毛まで溶かしてくれますが、根元からスルッと抜けるということはありません。「脱毛」という言葉が入っていますが、正確には「除毛クリーム」ですね。

カミソリよりも深く毛を処理できるので仕上がりがキレイなことや、毛先が丸くなって角張らないので、毛が伸びてもチクチクしにくいのが嬉しいですね。

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームを使用してムダ毛を処理するメリットはたくさんあります。思い立った時に素早く処理でき、仕上がりがとてもキレイになる特徴があります。

ムダ毛を処理する方法として、一番手っ取り早くてコストがかからないのは自分で処理する場合です。カミソリが一番手軽に実践できますが、かなり仕上がりが悪いばかりでなく、すぐに伸びてしまう欠点があります。脱毛クリームならカミソリなどで処理する不満をカバーできることから人気が高まっています。

自分でムダ毛処理をする場合はデメリットが多いものですが、脱毛クリームは他の方法と比較してもメリットが多い特徴もあります。単純にムダ毛を除去したいという目的の場合は一番キレイな仕上がりになると言っても良いでしょう。

剛毛(太い毛)でも効く?

人によってムダ毛の毛質が異なりますが、脱毛クリームなら毛質を問わずに処理できます。オールマイティーに活用できるため、女性だけでなく男性も愛用している人がいるほどです。

剛毛、毛深い、太い毛がびっしり生えている方は本当に脱毛クリームでムダ毛処理ができるのか疑問を感じるものですが、配合されている有効成分の働きでツルツル素肌に仕上げられます。男性のようなムダ毛でもキレイに仕上がります。

副作用はある?

副作用がある残念ながら、いくつか副作用があります。

一番は肌への刺激が大きいことです。毛を溶かすということは、毛と同じくタンパク質で出来ている肌も少なからずダメージを受けてしまいます。

使用後は肌に炎症が起こって赤くなったり、かゆみを伴うこともあります。また、毛穴に入り込んだ薬剤をきちんと洗い流さないと、毛穴のトラブルになってしまいます。

脱毛クリームが肌や毛穴に与えるダメージは、毛を濃くしたり、色素沈着を起こしてしまうこともあります。

ですので、頻繁に行うムダ毛のお手入れ方法としては不向きですね。

肌へのダメージ

脱毛クリームの肌ダメージ脱毛クリームは毛を溶かしてムダ毛を処理するため、人によっては肌にダメージを受けて肌が荒れてしまい、かゆみやかぶれ、炎症、色素沈着などのトラブルを引き起こす場合があります。特に敏感肌の方については注意が必要です。

特に注意していただきたいのが元々肌の弱い方です。除毛成分として脱毛クリームに含まれているアルカリ成分は、ムダ毛だけでなく皮膚に対してもダメージを与える可能性があります。

毛穴のトラブル

脱毛剤を使うと毛穴が目立たなくなるくらいスッキリとキレイな素肌になる方が多いですが、稀に赤く炎症を引き起こした状態になったり、色素沈着で黒っぽく目立つなどの毛穴のトラブルを引き起こす方もいます。

毛が濃くなる

本来なら除毛剤の働きで毛の処理ができるはずですが、毛が濃くなってしまう方も稀に存在しています。配合されている成分の刺激により肌がダメージを受けるのが原因だと考えられます。

使い方

使い方は簡単です。塗って、時間をおいて、洗い流すだけです。所要時間は5分~10分と短時間です。でも塗っている間はあまり大きな動きは出来ませんので、本を読んだりスマートホンを触ったり、何かしらの暇つぶしが必要です。じっとしている5分間は、なかなか長いものです。

注意点もいくつかあります。

商品によっても多少異なりますが、使用しても良い部位と使用不可な部位があります。腕や脚はもちろん大丈夫ですが、顔やアンダーヘアなど肌がデリケートな部分は使用できない場合が多いです。中には脇の下にも使用できない商品もあります。

また、肌にダメージが大きい処理方法ですので、毎日使用することは避けた方がいいですね。

このように、いくつか注意点があるので、使用上の注意はきちんと守りましょう。

脱毛クリームの使用手順

以前にも脱毛クリームを使ってムダ毛処理をしたことがあるから、今回は説明書を読む必要がないと考えている方もいますが、商品によっては放置時間が異なるなど使用方法が違う場合があります。間違った使い方が肌トラブルの原因になることを覚えておきましょう。

脱毛剤の使用手順は商品によって若干異なる場合がありますが、ムダ毛が気になる部分の肌に塗ってから落とすだけです。肌トラブルを予防するポイントは指定された放置時間をきちんと守ることです。取扱説明書に従って使いましょう。

脱毛クリームは簡単に除毛処理できる便利なアイテムですが、使用後のお手入れを怠るとあっという間に肌トラブルを起こすリスクを伴うことを忘れてはいけません。しっかり保湿をすることや使用直後は紫外線を避けるなどの注意事項をきちんと守り、キレイな素肌を維持するように心がけてください。

使用上の注意点

安全に脱毛クリームを使って除毛効果を発揮させるためには使用できない部位、使用できない時など商品に記載されている使用上の注意を守る必要があります。他にも使用できない人がいることや、頻繁に使用しすぎない事にも注意してください。

使用可能な部位

気になるムダ毛はきれいさっぱり処理したいものですが、脱毛クリームは全ての部位に使用できるとは限りません。使用できない場所に使ってしまうと、肌トラブルを引き起こしてなかなか改善しない状況に陥る可能性もあります。トラブルを未然に防ぐためにも、必ず使用上の注意を確認してください。

また商品によっても使用可能な部位が異なる場合があります。一般的には腕や足に使用可能ですが、顔やデリケートゾーンなど皮膚が弱い部分については注意しなければいけません。

マメ知識

自分でも簡単にムダ毛処理ができる方法として活用している方が多い脱毛クリームは、気になる部分にサッと塗り数分待つだけでツルツルの素肌を実感できます。脱毛クリームと言えば簡単に脱毛処理ができる商品だとわかっていても、よくわからない事が多いものです。商品の中身も知らずに使い続けるよりも、きちんと内容を把握していた方が安心して使えるものです。

脱毛クリームについて知っておきたい豆知識をまとめてみましたので商品を選ぶ際には是非参考にして下さい。

知識の案内

脱毛クリームの原理

脱毛クリームでムダ毛を処理できるのは毛を抜くのではなくて溶かしているからです。どんなに剛毛の人でもツルスベ素肌になれるのはチオグリコール酸カルシウムという成分に秘密があります。

→原理、詳しく

脱毛クリームと除毛クリームの違い

知識の紹介ムダ毛が気になる部分に塗布するだけで処理できる商品の呼び方に脱毛クリームと除毛クリームがありますが、実際には毛を処理する仕組みは同じ物で呼び方だけが異なるものです。

→除毛クリームとの違い、詳しく

永久脱毛クリームとは?

永久脱毛クリームとは永久的な脱毛効果があるクリームですが、実際には存在していません。脱毛クリームは生えている毛を処理するもので、配合されている成分によっては毛の成長を遅らせる効果は期待できます。

→永久脱毛クリーム、詳しく

その他のムダ毛処理方法と比べてみよう

脱毛クリームは費用が掛かりますし、お肌を傷めてしまいますので、ムダ毛のベストなお手入れ方法とは言いにくいですね。

ムダ毛の処理方法は、他にもいっぱいあります。オーソドックスなカミソリで剃る方法や、電気シェーバーなど機械で処理する方法、他にも毛抜きやワックスなどで毛を抜いたり抑毛ローションで毛の成長を抑えたりという方法もあります。いろいろ比較してみて、その上で最適なお手入れ方法を選びましょう。

それぞれの処理方法の特徴を参考にしながらご検討下さい。

抑毛剤

抑毛剤は毛を成長させない考え方に基づき開発されています。今生えている毛を処理するのではなく、これから成長しようとする毛を抑える役割を担います。基本的には肌に塗るだけの簡単なお手入れでOKです。(ローションなど)

→抑毛剤、詳しく

脱色剤

脱色剤は今生えている毛の色を薄くして毛の存在を目立ちにくくします。パッと見た時には毛が全く生えていないようにも見えますが、近づいてみると色が薄くなった毛がわかってしまいます。除毛とは違い、毛は残っています。(脱色クリームなど)

→脱色剤、詳しく

カミソリでの処理

カミソリでムダ毛処理カミソリを使用する処理方法は一番手軽に誰でも実践できます。コストもかからないため多くの方が処理した経験があるはずです。簡単に処理できても肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

→カミソリ、詳しく

電気シェーバー

カミソリよりも安全性が高く、手軽に実践できる処理方法です。刃のお手入れを怠っていると肌に刺激を与える可能性が高いため注意が必要です。簡単に処理できても、カミソリと同様に角質を剥がすため肌トラブルに注意が必要です。

→電気シェーバー、詳しく

毛を抜く処理

生えている毛を抜くため確実に脱毛処理できます。どうしても痛みを感じやすいため皮膚が薄い部分は適さない場合があります。毛穴からばい菌が入り込んで皮膚の炎症を引き起こしやすいため、十分注意が必要です。(毛抜き、ワックス、脱毛テープ)

→毛を抜く処理、詳しく

熱線式脱毛器

生えている毛を熱線で焼き切る方法で、肌に大きな負担を与えにくく確実に除毛処理できます。毛が伸びる度に処理が必要になるためその都度処理する手間がかかります。使い方を間違えると火傷を負うリスクがあります。

→熱線式脱毛器

おススメは美容脱毛

やっぱり「美容脱毛」が一番おすすめです

美容脱毛は毛を生えにくく、もしくは生えてこなくする方法で、最近ではとてもポピュラーな方法です。単に「脱毛」という呼ばれ方をする方が最近では多くなりましたね。

脱毛すると、いつもスベスベ美容脱毛するとムダ毛のお手入れがとても楽に、または全く要らなくなります。だからいつでも肌は毛のないツルツル状態をキープできますし、もう毛の処理にお金を掛ける必要もなくなります。

特に最近はエステなどの広告をよく目にしたり、「脱毛したよ~」なんて話を聞く機会も多くなってきましたね。でも、興味はあるけど料金が高くてなかなか手が出ない、という人がほとんどではないでしょうか?

実はここ数年で料金は格段に下がって、1000円もあればワキの脱毛は完了してしまいます。家庭用の脱毛器もすごく進化していて、問題点だった出力の弱さや処理時間の遅さも解消された商品も出てきています。

この先何年も自分でお手入れしていくことを考えたら、脱毛した方がお得になる場合も多いと思いますよ。