HOME >  脱毛 >  美容脱毛するには? >  家庭用脱毛器

美容脱毛するには?

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はエステやクリニックと同じ仕組みで脱毛処理ができるように家庭向けに開発されました。光脱毛以外にもレーザー式の脱毛器もあります。自己処理でも本格的な美容脱毛が可能です。

メリット

家庭用脱毛器を使って美容脱毛をするメリットは、自宅でも簡単に本格的な脱毛処理が実現することです。ほぼ全身に使うことができること、いつでも好きな時に使用できることなどのメリットを実感できます。

自分でキレイにムダ毛を処理できる

家庭用脱毛器を使うことでエステに近い脱毛効果を得ることができます。キレイな仕上がりを目指したいけど、脱毛クリームなどの除毛方法では肌トラブルが心配…でも、エステやクリニックで他人にさらけ出すのは恥ずかしいと感じている方も多いです。

自分でも簡単にプロ仕上げの脱毛効果が期待できるのが大きなメリットになります。

ほとんどのムダ毛を処理できる

家庭用脱毛器はほとんどの機種がほぼ全身のムダ毛を処理できます。他人には見られなくないデリケートゾーンの処理にも対応している機種が多いです。

気になるムダ毛を全てエステやクリニックで処理することを考えると、コストを抑えられるメリットもあります。一部の機種では使用できる部位が限られている場合があるため、事前に確認することをおすすめします。

都合に合わせて処理できる

自分で処理できるので、わざわざスケジュール調整をする必要がありません。エステやクリニックは自分の予定と予約の都合を考えなければいけないため、利用しにくいと感じられる場合があります。

デメリット

家庭用脱毛器でムダ毛処理をする場合のデメリットとしては、最も威力が弱いため脱毛効果が現れるまで時間がかかること、出力調整を間違えると火傷のリスクがあることが考えられます。

脱毛効果が出るまでの期間が長い

家庭用脱毛器は家庭向けに開発されているため、クリニックのレーザー脱毛はもちろんですが、エステの光脱毛と比較しても出力が弱くなっています。脱毛効果が見られるまでにはある程度長い期間が必要になることを覚えておきましょう。

細い毛は反応しにくい

出力が弱いため、産毛のように細い毛は反応しにくい特徴もあります。場合によっては毛根組織が活性化されることで逆に毛が濃くなる可能性もあります。

あくまでも自己責任

家庭用脱毛器は一定の範囲内で出力を調整できます。ムダ毛がとても細い顔などに使用する場合は、なかなか脱毛効果が感じられないためどうしても出力を強くする可能性があります。

顔などの皮膚が薄い部位は最低限のレベルに留めなければ火傷のリスクが高くなりますが、誤った使い方をすると肌トラブルを引き起こす原因になります。

選び方

家庭用脱毛器を選ぶ場合は、価格だけでなく性能の良さにもこだわって選択することをおすすめします。使用したい部位に対応しているかも確認しましょう。

機種によって性能が違う

いくつかの家庭用脱毛器を比較してみるとよくわかりますが、それぞれの機種によってかなり性能が違います。単純に価格だけで比較してはいけないのが、性能の良し悪しが異なるからです。

できるだけ低価格な機種を選択したいところですが、性能が良い機種を優先的に選ぶようにしてください。

関連ページ