HOME > 副作用

脱毛クリーム

副作用があります

脱毛クリームは正しい使い方を守る必要がありますが、正しく使用していても稀に何らかの副作用が起こる場合があります。これらの現象は使用した全ての方に確認されるものではありませんが、肌が弱い方が使用したり使い方を間違えると悪い影響が出る場合があります。

商品に配合されている成分は安全性が確認されて商品化されているため基本的には安心してお使い頂けますが、副作用としてどんな現象が起こる可能性があるのか把握して万が一の時には正しい処置を施せるようにして下さい。

肌へのダメージ

脱毛クリームを使用する場合に気になるのは肌へ与えるダメージについてです。特に肌が弱い敏感肌の方は注意が必要で、かゆみやかぶれなど何らかの変化が見られた場合はすみやかに適切な処置を施してください。

肌にダメージを与える理由

肌へのダメージ脱毛クリームが肌に影響を与える可能性が考えられるのは、毛を溶かす仕組みに原因があります。私達の毛はタンパク質で出来ていて弱酸性を保っています。脱毛クリームはアルカリ性で弱酸性の毛を溶かす作用があることから除毛剤として活用できる仕組みになっています。

皮膚もムダ毛と同じ構成でできている

私達の皮膚もムダ毛と同じようにタンパク質で構成されており、弱酸性になっています。脱毛クリームを塗布すると本来ならムダ毛に反応するものですが、少なからず皮膚にも影響を与えてダメージを与える可能性が高くなります。

肌への影響は不可避?

脱毛クリームの性質上、ムダ毛だけを選択的に溶かして肌には全く影響を与えないことはあり得ないと考えられます。できるだけ肌へ影響を与えないようにすることが大切です。

実際に起こる可能性が高い肌トラブル

脱毛クリームを使用して皮膚がダメージを受けると起こり得るトラブルは肌の赤みやかゆみ、炎症が多いです。乾燥して肌荒れを引き起こしたり、色素沈着でいつまでも痕が消えない等の肌トラブルが続出する可能性があります。

人によっては悪化しやすい

脱毛クリームを使用することで肌にどの程度ダメージを与えるかは、個人差があります。少し赤みが出た程度で治まるかたもいますが、ダメージが大きくていつまでも消えない色素沈着が残っている方もいます。

敏感肌は特に注意が必要

敏感肌の方は刺激に弱い肌質のため、脱毛クリームを使用する前に必ずパッチテストを実施して異常が見られないか確認して下さい。除毛効果を重視するのではなく、あくまでも肌の健康状態を重視することが大事です。

肌へのダメージを避けるには

できるだけ肌への影響を最小限に留めるためにも使用上の注意をしっかり守って下さい。特にクリームを塗布する時間を必ず守り、長時間放置し過ぎないようにして下さい。使用後は速やかに保湿ケアをしてダメージから回復させてください。

アフターケアが大事なポイント

使用後は少なからず肌にダメージを与えている可能性が高いため、しっかり保湿ケアを行って肌のバリア機能を回復させるようにして下さい。適度な潤いが維持されていれば肌本来の回復機能が働き、大きな肌トラブルに発展しません。

脱毛クリームを使用することで以前よりも毛穴が目立ってしまう方もいます。炎症を引き起こして赤みが増したり、色素沈着を引き起こして黒ずんだままいつまでも消えないなどの毛穴のトラブル事例が起こる可能性もあります。

毛を溶かす成分によるかぶれ

毛穴のトラブル脱毛クリームにはムダ毛を溶かすアルカリ成分が含まれています。どうしてもムダ毛だけでなく、肌にも影響を与えるためダメージを受けてかぶれやすい状態になります。

自分でムダ毛処理をするとかぶれやすい

自分でムダ毛処理をすると肌トラブルを起こしやすい特徴があります。毛抜きやカミソリの場合は無理に毛を引き抜いたり、角質が削り取られるため皮膚に大きなダメージを与えてかぶれたり、毛穴からばい菌が侵入して炎症を引き起こすトラブルが多く見られます。

脱毛クリームの場合

脱毛クリームの場合は他の処理方法と若干異なり、毛を溶かす独自の成分が皮膚にまで影響を与える場合もあります。元々皮膚が弱い方、体調不良のため肌が敏感になっている方等は皮膚がかぶれて毛穴ポツポツと目立ってしまう場合もあります。

かぶれを防ぐために注意すること

肌が何らかのトラブルを起こしている時、体調が優れない時には脱毛クリームの使用を控えた方が良いでしょう。使用前にパッチテストを実施してみて特に反応が見られないことを確認してから使用した方が安心できます。

保湿ケア不足による色素沈着

脱毛クリームを使用した後にはアフターケアとして保湿ケアをしなければいけません。ダメージを受けた肌のバリア機能を早く回復させるためには、適度な潤いを維持していなければいけません。保湿不足で色素沈着が生じやすくなります。

色素沈着が残る仕組み

脱毛クリームを使用して毛穴のトラブルが生じた場合、特に何のケアをしないまま過ごしていると黒っぽくシミのように痕が残る場合があります。これはダメージを受けた部分のバリア機能を回復させようとする働きでメラニン色素が過剰に生成されて色素沈着を引き起こしたと考えられます。

バリア機能の回復がカギ

肌のバリア機能を回復させるためにもしっかり保湿ケアを行っていれば色素沈着の予防になり、毛穴トラブルの早期回復にも役立ちます。保湿ケアにおすすめなのは油分が多い乳液や保湿クリームがおすすめです。

紫外線には要注意!

どんなに保湿ケアをしていても、脱毛クリームを使用した直後に紫外線を浴びるのは絶対にNGです。まだバリア機能が回復しきれていない段階で紫外線を浴びるとメラニン色素が大量に生成されて色素沈着が残りやすくなるので注意してください。

毛が濃くなる

ムダ毛を処理するために脱毛クリームを使っているのに、以前よりも毛が濃くなったと訴える方もいます。非常に稀なケースになりますが、配合されている成分の影響が大きいと考えられます。正しい使用方法を守ることが大切です。

毛が濃くなったように見える場合

毛が濃くなった実際には毛が濃くなったというよりも、濃く見えるようになったと言える場合があります。カミソリで毛を処理すると毛先の断面が太く見えるため、毛が濃くなったように見えるのと同じだと考えられます。

毛を「剃る」と濃く見える

カミソリや電気シェイバーでムダ毛処理をした経験がある方は毛が濃くなったと実感したことがあるはずです。これは、毛先がカットされるため断面部分が太くなってみえるのが原因だと考えられます。

脱毛クリームは「剃る」のではなく「溶かす」

脱毛クリームの場合はカミソリとは違って生えている毛を溶かして処理するため、毛先が丸くなり断面が太く見えにくいと言われています。濃く見えるのは気のせいだと考えることもできます。

ダメージを受けて濃くなった

脱毛剤の場合はどちらかというと皮膚がダメージを受けたため毛が太くなる説が高いと考えられます。全ての方に共通する現象ではないと考えられますが、体の防御システムのひとつとして毛が濃くなったと予想できます。

ムダ毛は無駄な毛ではない?

私達にとっては邪魔に感じられる毛ですが、決して意味なく生えているものではなく体を守る意味があると言われています。身を守るために生えている毛が脱毛クリームの作用で無くなったために何とかして身を守ろうと毛を太くしようとする作用がもたらされた可能性もあります。

除毛するほど毛が濃くなるの?

それなら除毛処理をする度に毛が濃くなってしまうのではないかと思う方も多いですが、ある一定の濃さで落ち着くのではないかと考えられますが、あくまでも仮説の話なので全ての方に該当するとは限りません。

毛が濃くならないようにするには

せっかく除毛クリームを使っているのだからこれ以上毛が濃くなるのは避けたいものです。できるだけダメージを与えないように使用方法をきちんと守り、保湿ケアをしてしっかり保護して肌を守っていれば予防に繋がります。

保湿ケアが大事

脱毛クリームの使用後にはとにかく潤いを維持するために適切なアフターケアを行なうことが大切です。肌の健康状態が守られていれば、毛を太くして肌を守る必要がなくなるため毛が濃くなるのを予防できると考えられます。

抑毛成分に注目!

抑毛効果が期待できる成分が含まれている商品を使うと徐々に毛が細くなる効果も期待できます。抑毛効果の現れ方は個人差があるため、ある人は3ヶ月くらいで良い結果が出ても、ある人は1年以上使ってもあまり変わらないというケースも珍しくありません。

関連ページ