HOME >  他のムダ毛処理方法 >  脱色剤

脱毛クリーム以外のムダ毛処理方法

脱色剤

脱色クリームなどの脱色剤はムダ毛の色素を薄くして毛の存在を目立たなくする処理方法です。ムダ毛用のブリーチ剤として活用できます。脱毛クリームなどの除毛方法とは異なり、実際にはムダ毛が残っていますが、わかりにくい状態に仕上げることができます。

脱色剤の特徴

脱色剤を足に塗る脱色剤の仕組みは黒い毛のメラニン色素を分解して金色っぽく仕上げ目立たなくさせます。薬剤を混ぜ合わせて毛が気になる部分に塗り10分ほど待つだけで手軽に目立たなくなります。あくまでも毛は残っているため、脱毛クリームなどの除毛方法とは異なるムダ毛処理方法です。

毛の色を目立たなくするだけ

脱色剤を使用すると毛の色が抜け落ちたようになります。髪の毛に使用するブリーチ剤と同じ要領の商品で、ムダ毛に使用することで毛色が目立たなくなります。

触ってみるとムダ毛の存在がわかる

一見するとムダ毛が生えていないように感じられますが、実際に触れてみると毛の感触が残っています。ムダ毛がないものだと思って触れてみると、触り心地に違和感があるため不自然な印象を与える可能性があります。

脱色剤のメリット

毛は残っているのに見た目では毛が生えているとはわかりにくいため、毛根組織を傷つけにくいメリットがあります。処理方法も簡単で誰でも実践できるため、気になったらすぐに処理できる手軽さがとても便利です。

手軽に処理できる

脱色剤は気がついた時にすぐ処理できるメリットもあります。脱色クリームを塗布してから数分で毛の色が抜けるため、手軽さを感じられます。

費用対効果が良い

使いたい量を数回に分けて使用できるため、コストパフォーマンスが良い面もあります。毛の成長に合わせて使うことで、毛が全く生えていない見た目を維持できます。

脱色剤のデメリット

脱色剤によるトラブル毛の色素を強制的に抜く薬剤を使用するため皮膚にダメージを与える可能性が高いです。特に皮膚の弱い方が使用するとかゆみやかぶれを引き起こす可能性があります。

絶対にパッチテストが必要

体調やホルモンバランスの状態によっては肌が敏感になっているため必ず使用する度にパッチテストを実施した方が安心できます。基本的には腕や脚に使用するもので、顔やデリケートゾーンなど皮膚が薄くて敏感な場所には使用できません。無理に使用すると肌トラブルが起こる可能性が高いので使用上の注意をしっかり守る必要があります。

頻繁な処理が必要

脱色した部分と成長してきた部分がはっきりとニ色に分かれて不自然な状態になるため、定期的に処理する必要もあります。使用頻度が多くなると肌トラブルを引き起こすリスクが高くなります。

関連ページ