HOME >  他のムダ毛処理方法 >  毛を抜く

脱毛クリーム以外のムダ毛処理方法

毛を抜く

毛を抜く処理は生えているムダ毛を強制的に引っこ抜くため、猛烈な痛みを感じやすいので皮膚が薄い部位を処理するのはおすすめできません。また、処理後に毛穴の炎症を引き起こしやすく、跡が目立ちやすいため注意しましょう。

毛を抜く処理の特徴

毛抜きでムダ毛を処理する生えている毛を無理やり抜いてしまうため確実に処理できる特徴があります。毛根も一緒に抜くため2週間くらいはキレイな素肌を維持できます。しばらく経つとまた毛が再生してくるため、気になった時に再度処理する必要があります。

色々な方法があります

ムダ毛を抜く方法としては毛抜きやワックス、脱毛テープなどの方法があります。どの方法を選択しても痛みを伴い、肌トラブルを起こしやすい特徴があります。

毛を抜く処理のメリット

毛根ごとムダ毛がなくなるため、キレイに仕上がるメリットがあります。脱毛クリームのように一度処理すると再生するまでの期間が長いため、頻繁にムダ毛処理をする必要がなくなります。

毛抜きのメリット

高額な費用がかからないためコストパフォーマンスの面でも優れています。時間がある時や気になった時に地道に処理し続けることで徐々にムダ毛を減らすことができます。

ワックスやテープのメリット

脱毛ワックスや脱毛テープは広範囲をまとめて処理できるメリットがあります。短期間で毛の処理を完了させたい方にはとても便利な方法です。

毛を抜く処理のデメリット

ワックスや脱毛テープで毛を抜く元気なムダ毛を強引に抜くため、痛みを感じやすいデメリットがあります。肌トラブルを引き起こしやすく、場合によっては色素沈着や埋没毛などのトラブルを生じやすいため十分注意が必要です。除毛処理としては肌トラブルのリスクが非常に高い方法になります。

痛みに耐えられない場合もある

ムダ毛を無理やり抜くため痛みに耐えられないと感じられる場合が多いです。特に皮膚が薄いデリケートゾーンはかなり痛いです。痛みに弱い方は我慢できない場合もあります。

肌トラブルを起こしやすい

ワックスや脱毛テープを使用する場合は毛以外にも皮膚の角質層も一緒に剥がしてしまうため肌トラブルを起こしやすいため注意が必要です。皮膚トラブルがない方は処理後に保湿ケアをしっかり行い、皮膚の弱い方はできるだけ使用を控えた方が良いと考えられます。

毛を抜いた後の毛穴にばい菌が入り込み炎症を引き起こすとブツブツが目立ったり、抜ききれなかった毛が埋没毛になって黒く目立つ場合があるため以前よりも見た目が悪くなる可能性もあります。何度も繰り返していると色素沈着を引き起こして更に見た目が悪化する場合もあります。

関連ページ