HOME >  他のムダ毛処理方法 >  熱線式脱毛器

脱毛クリーム以外のムダ毛処理方法

熱線式脱毛器

熱線式脱毛器はサーミコン式と呼ばれる技術です。熱線でムダ毛を焼き切る除毛方法で、肌に刺激を与えにくいと言われていますが火傷には注意が必要です。ムダ毛はすぐ成長するためその度に処理しなければいけません。

熱線式脱毛器の特徴

熱エネルギーを発する熱線でムダ毛を焼き切ることで処理する方法です。処理をした部分が確実に処理できるため急いでいる時にも安心して活用できます。カミソリよりも安全性が高く、肌を傷つけにくい特徴があります。

熱線式脱毛器の仕組み

新しい除毛方法として注目されているサーミコン式は、no no hairに採用されている技術です。熱線が毛に触れると焼き切ることができる特殊な技術として特許を取得しています。

熱線は肌に触れることがないとされており、基本的には肌に与えるダメージは少ないとされています。

除毛時の音がしません

電気シェーバーで処理しているとムダ毛をカットしているのが明らかにわかる音がしますが、熱線式脱毛器の場合は音がほとんどしません。

熱線式脱毛器のメリット

熱線で焼き切るため脱毛クリームと同じように毛先が丸く処理でき、触り心地がチクチクとした違和感を感じにくいメリットがあります。肌に与えるダメージも少ないため敏感肌の方でも活用している方が多いです。

肌にやさしい

熱線がムダ毛に触れると処理できる仕組みになっているため、肌が直接触れない限りは肌に影響を与えません。肌トラブルが心配な方でも安心して使用できます。

使用方法が簡単

他の家庭用脱毛器と比較してみると使い方が簡単で、ムダ毛が気になる部分を滑らせるだけで除毛できます。日焼けをしている方やデリケートゾーンの細かな部位にも安心して使えます。

熱線式脱毛器のデメリット

脱毛の仕組みは伸びている毛をカットしているだけなので毛が成長すると処理を繰り返し行う必要があります。肌トラブルは少ないですが、使い方を誤ると火傷のリスクがあるため注意して使う必要があります。

処理が面倒に感じることもある

ある程度毛が伸びた状態でなければ上手く処理できないため、肌の露出が多い季節は不便に感じる場合もあるかもしれません。産毛や細い毛は処理できない場合が多いため、処理しにくいと感じられる場合もあります。

熱線の火傷に注意

肌に与えるダメージは少ないと言われていますが、使い方を間違えると火傷を負う可能性はあります。使用上の注意を十分理解してから使うようにして下さい。万が一火傷を負った場合はすぐに冷やして保湿をして様子を見て、状態が悪化した場合は早い段階で医師に相談して下さい。

関連ページ