HOME >  知識 >  脱毛クリームの原理

脱毛クリームのマメ知識

脱毛クリームの原理

脱毛クリームはムダ毛が気になる部分に塗るだけで簡単に処理できる手軽さが人気ですが、一体どのような原理で毛の処理ができるのか確認してみましょう。

毛は抜くのではなく、溶かしています

脱毛剤の原理従来のムダ毛処理といえばカミソリや電気シェーバーで剃ったり毛抜で一本ずつ抜く方法が一般的でした。脱毛クリームは配合されている成分「チオグリコール酸カルシウム」の力で毛を溶かすことで脱毛効果を実感できる商品です。

他のムダ毛処理よりもキレイになる

剃ったり抜く方法よりも皮膚がツルツルに仕上がるメリットがあります。毛先も鋭利にならずに丸く整えられるため、伸びてきてもチクチクとした刺激を感じにくいメリットもあります。

ムダ毛を自分で処理している方の中には仕上がりが悪いと不満を感じている方もいますが、脱毛クリームで処理すると他の方法とは比べ物にならないほど自然な素肌を実感できます。

処理頻度が少ない

目に見えている部分の毛を溶かす脱毛法のため、数日経つと毛が成長して伸びてくる度に再度処理が必要になりますが、他の処理方法と比較すると頻度はかなり少なくなります。

脱毛クリームが毛穴から浸透し、毛の成長に関わる毛根組織に作用するため、通常よりも大幅に成長しにくい状況になると考えられます。

チオグリコール酸カルシウムとは

薬品毛を溶かす作用をもたらすチオグリコール酸カルシウムはメルカプト酢酸とも呼ばれているアルカリ性の成分です。タンパク質で構成されている弱酸性の毛に反応して分解させる働きがありますが、肌トラブルのリスクもあります。見えている毛の部分をきれいに溶かすため、とてもキレイな仕上がりを実感できます。

注意点があります

注意しなければいけないのは毛と同じようにタンパク質で構成されている皮膚にもダメージを与える可能性が高い点です。特に肌が弱い方は十分注意して使用して下さい。しっかり毛を処理したいので長めに塗布し続けるのは危険なので商品に記載されている塗布時間をきちんと守るようにして下さい。

肌トラブルを避けるために

脱毛剤を使用した後は速やかに洗い流して肌を保護するために保湿ケアを行うと安心です。アルカリ性の成分によって一時的に皮膚がダメージを受けているため、できるだけ早い段階で回復させる必要があります。

ダメージを受けた皮膚にとって一番必要になる潤いを補給するアフターケアが必要になることを忘れないでください。

見えている部分の毛はキレイになくなる

脱毛クリームを塗布すると、アルカリ成分の働きでムダ毛が溶けてしまいます。剃る処理とは違って仕上がりがとても良いことと、毛の再生が遅い特徴があります。

関連ページ